「進化」を肌で感じられるのがベトナムの魅力

2014年に進出して、はや7年が経過しました。
新法律が施行されても申請書類受理オペレーションが整っていなく申請不可とか
途上国ならではの事象もまだまだ多く不便もたくさんありますが
その分改善された時の幸福感は大きく、それも途上国に住む楽しさの1つであると感じます。

食に関しても、来た当初はラーメンからカレーから刺し身まであるなんでも出す屋が多かったですが
最近は味を追求した専門店が増え、何でも出す屋は淘汰されつつあります。
成長期と安定期で求められる物が違う典型的な例ですね。

専門店ではこのような日本食が普通に食べられます。
衣がなんか違ったり、うどんのコシが若干弱かったり色々ありますが
来た時の当初のひどさを知っている層からすると、ありがたみしか無いです。

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
年末は社員旅行を恒例行事で行っておりましたが
今年から予算一点集中型の、5つ星ホテルディナービュッフェに変更しました。
場所:ニッコーサイゴン

やはり好き嫌い、合う合わない関係なく皆幸せになる豪華さなので
皆笑顔で大成功でした。

ベトナムの大戸屋で料亭クオリティを堪能

ベトナムにも大戸屋があります。
こんな記事を見まして
日本の大戸屋=定食屋ですが、ベトナムのは高級感あふれる料亭スタイルとの事で、行ってきました。

1つ1つの食材、料理の仕込みが丁寧で素晴らしかったです。
器や盛り付けもきれいで、このクオリティでこの値段!?っていう印象を受けました。
個人的にリピー確定のはずれない店の1つに決定。

ホーチミン市で最高のリラックス体験

ベトナム・ホーチミン市でリゾートで検索すると唯一出てくる場所
アン ラム リトリーツ サイゴン リバー
https://goo.gl/maps/KnJ1yRcmqnDG2nES9
に、個人的な記念日で利用しました。

外国旅行でありがちな、日本では当たり前な事ができていない事を目にする事で起きるストレスはほぼなく
部屋のベットの目の前がサイゴン川で、ゆっくり流れる巨大水草を横目に
のんびりとした時間が過ごせ、雰囲気も最高でした。
※安い部屋は庭しか見えず、ただの湿度高い部屋になってしまうので注意です。

※写真は全てGalaxyS10+で撮影、加工等一切していません。

300㎡という事で、ヴィラ(家?)の門を閉めたら、庭もプールも2階も、全部貸し切りです。
ベトナム在住メリット/デメリットそれぞれ沢山ありますが
こういう体験気軽にできるのはベトナムならではだと思います。
取捨選択が必要です。

(食事は盛り付け素晴らしいですが下味無し、味に深み無し、典型的な外国の大味料理で食事は朝夜共に論外でした)

中心区からジェットボートでの送迎があり、のっけから最高速度で振り落とされそうになりながら
転覆するんじゃないかってくらいのハンドル捌きのハラハラ、
ぶっちゃけるとこれが一番楽しかったです笑
救命胴衣着用の必要性を人生で初めて感じました。

現在のベトナムの状況とマクドナルド自動注文機

現在ベトナム国内には、隔離者を除きコロナ保持者はゼロな状態で
マスク着用者も減り、コロナ?そんな事もあったっけ、程度になってきてます。
ただ例外無しで国外からの入国を全て遮断しており、外国=菌扱いなので
EMSも届きませんし、来年とかに薬が開発されるまでこの状態なのかな思ってます。

日本人街は閑散としています。

日本からの出張者もなく(そもそも入国できない、飛行機飛んでない)
いわゆる【接待】【仕事飲み】がなくなった結果です。

お姉ちゃんの店も、【日本からのお客さんがさぁ】という理由があったが
今は【好きで行ってるだけじゃん!】と嫁にキレられるらしいです笑

美味しい名店以外は淘汰される未来が予想されます。

コロナ封じ込め成功、死者もゼロってメディアに取り上げられていますが
一党独裁の共産主義の強行力あったから可能だったわけで
他の国は一党独裁の共産主義ではないから強制できず、大変な事になってるわけで
比べる対象としておかしいと感じてます。
一党独裁のリスクとして、理不尽な法律勝手に決められても文句言えないわけです。

友達の家がゲーム買った、うちも~ じゃ勉強するの?やだー
って言ってるのと同レベルな気がしてなりません。


ベトナムのマクドナルド、全店に自動注文機が設置されてます。
英語できなくても、手持ちのスマホでカメラリアルタイム翻訳でOK。
肉や野菜の量等、好きに変えられます。
マックポークの肉3倍、チーズ4枚、レタス大盛りINですごい美味しいバーガー完成です。
決済も備え付け機械でクレジットカード決済可能で、一切会話不要です。

各地の飲食店等、現在の賑わい状況

体感、騒動前には人手、戻った気がします。
日本も一日も早い収束を望みます。

ちなみに、日本のこんな食事も一般化しつつあります。
表示金額÷2して、2桁取ると日本円目安金額になります。

設立した2014年と比較すると、だいぶ暮らしやすくなりました。

大盛況&大成功なイオンモール

祭りでも、セールでも、コロナ明けだからでも、なんでも無く
夜はいつもこんな感じです。
恐るべし、イオンモール。
平均賃金計算合わない。

現在ベトナムでは中間層が急拡大しています。
工場やショップ店員等は、時給アルバイト:150円
社員:3万~4万とかで雇えてしまいますが
専門性が求められる職は、年々要求給与水準が高くなっています。

ベトナム進出お考えの会社様は、ベトナムの平均賃金:いくらで見ると大失敗します。
進出業種の中央値、採用時の賃金、やめないベースの賃金を理解しないと大変な事になります。

ベトナムには石の上にも3年という言葉はなく
逆に若いうちは、より良い条件を提示してくれる会社に、ぽんぽん転職します。
平均離職率は35%です。

中間層が急拡大しているのを改めて肌で実感した日でした。

※マクドナルドはタッチパネルオーダー式も採用されています。

※ノルウェーサーモン(サクもあります)も日本と同価格くらいで手に入ります。

社内BBQを開催しました。

ベトナムでは着実にコロナ関連騒動が収束しつつあります。
国際線飛行機再開目処は全くたっていませんが…

社員の一部を集めて、会社の庭でBBQを開催しました。
開放感ありよかったです。

日本での一刻も早い収束を願います。

ベトナムではコロナ関連の規制が解除されつつあります。

現在もまだ規制中なのは、バーやクラブくらい。
他は規制が解除されました。マスク着用の義務はありますが。
カフェはこの賑わい。

ただ、集団免疫全く獲得できていない、国際線飛行機も運行再開見通し無し
特別入国できたとしても2週間、田舎の野戦病院で強制隔離措置が入る鎖国状態です。

アフターコロナは世界が変わる、とか話出てますが
競争が厳しくなって、コロナ前の倍も三倍も頑張らないといけないと感じます。

日本はどうなるんでしょうか。
6月も規制継続とかなったら、恐ろしい事になりそうです。

ベトナム、現在のコロナ状況

現在ベトナムでは

美容施設、美容整形(クリニック)、
スパ(エステ),整体、マッサージ、サウナ
娯楽施設、劇場・映画館
結婚式場 ・ダンスホール、バー、カラオケ
パブ、ビアクラブ、カラオケラウンジ
ネットゲーム屋、運動施設
室内運動ビジネス(ジム などを含むと思われます)

が、3月頭から期限なしで営業禁止となっております。
一部で営業禁止解除とかいうニュース流れたようですが、あれは誤報です。
恐らくレストラン営業禁止が解除されたというニュースで誤解したのだと思います。
レストランも椅子机固定のうえ2メートル離すとか、かなり無理難題条件をクリアしたところだけ営業再開です。


日本で営業活動をしている店や会社の場合
日本での融資が受けられますが
日本人がベトナムで経営している場合、ベトナム国やベトナム銀行から
一切の援助や融資を受けられません。心配です。

諸外国と比べると、優秀です。
こういう時、結果が選挙に関係ない政権国家は強いです。

暑さや湿度でコロナが消えるというのは、これを見れば嘘か本当かわかります。

長期的に見ると、日本のように集団免疫をガンガンつけていった方が経済的損失少ないのではないかと思います。
現在ベトナムは外国からの入国を全てシャットダウンしています。
コロナを持ち込んだのが外国人、外国に行った中間~富裕層ベトナム人で
一般ベトナム人はいい迷惑なのです。

飛行機、ベトナム発 外国着はありますが
外国発 ベトナム着がありません。JALやANAのWebサイト見ると笑っちゃいます。

薬ができるのが早くて10月、遅いと来年ではないでしょうか。
それまで完全鎖国で、外国からの投資に支えられている一面もあるベトナム経済に
どのような影響があるか。実験ですね。