ホーチミンで10人食べて10人美味しいと言う貴重店を紹介

ベトナムで至高の和食をお手軽価格で
という過去記事でも紹介済みですが、改めて紹介しようと思います。

お店の名前:FUJIROといいます。

定食のお店で、ロースカツはジューシーで肉厚
カツ丼(カツとじ)は、ダシが効いていて、これもまたジューシー
カキフライは臭みがなく、大粒で牡蠣の風味が素晴らしく
エビフライも、しっかりしたエビで肉厚、食べた瞬間に幸せな気持ちになります。

ベトナムのカツは、日本と違い
ちょっと甘かったり、サクサク感の質が違ったり
独特な感じで、食べようと思えば食べれる…みたいな感じで口に合わない人、多いのですが
FUJIROのカツは、日本のものと全く同じ、コスパも良く品質最高です。

現在、新型コロナの影響でデリバリーを始めたとの事で
配達してもらいました。

弁当形式になるんですね!
どれも店で食べるのと変わりなく、素晴らしい品質で感動しました。
10人食べて10人美味しいと言う店は貴重です。

突然の外国人入国規制措置が発動

ベトナムに限らず同様の措置を行う国、結構ありますが
ベトナムも、かなり厳しめの措置が施行されました。

日本の場合、コロナ症状疑いがあると医師が判断して初めて検査してくれるので
そもそも健康体の人、コロナ陰性証明ができません。
現状で検査希望者を全員検査している国、あまり無いので実質外国人全員入国拒否措置でしょう。

現状のベトナム・ホーチミンですと
マスク装着推奨、検温や手指消毒措置がビルごとに行われている感じで
それ以外は特段目立った騒動は起きていません。

ご依頼も通常通り受け付けておりますので、お困りの際はご相談下さい。
https://retouch.tokyo/ja/
https://shashinkakouyasan.net/
※現状、普段よりご依頼量増えておりますのでボリュームによっては納期等ご相談させて頂く場合がございます。

船上ディナークルーズ!

ベトナム・ホーチミン(サイゴン)市内には、サイゴン川という大きな川があります。
先日、弊社お取引先様がいらっしゃり、サイゴン川で船上ディナークルーズを楽しみました。

お金を使う先をよく考えられれば、コスパ抜群で素晴らしい経験ができるのが
ベトナムの魅力の1つです。

ベトナムの寿司 現状

なんの特徴もない貝と身焼けしたマグロ以外は、全てサーモンです。
カルフォルニアロールを寿司と言って出せと言われる寿司職人のモチベーションが心配です。
外国で暮せば暮らすほど、日本の「当たり前状態の完成度」の素晴らしさに気づきます。

イオンモールの賑わい(成功例)

ベトナム・ホーチミンのイオンモールが大成功中です。
平日/土日関係なく、毎日がお祭り状態です。

いいこと:ベトナムの熱気を感じられる
わるいこと:フードコートのごちゃごちゃ系が苦手な人は一瞬で退出

日系企業・BtoCサービスの成功例に共通している事は
・日本感のゴリ押しがない
・現地人責任者のモチベーションを引き出せている
の2つが大きいかなと思います。

ベトナムの水道水について

ベトナムの水道水の正しい知識について周知したいと思います。

塩素濃度:日本の10倍以上
50年以上前に敷設され老朽化した鉛水道管 =サビ・重金属・鉛汚染がひどいです。

一言で言えばベトナムの水道水は汚染毒水です。
一方のベトナム人は、煮沸すればなんとかなると思っている人も多いです。
雑菌は消えますが重金属やサビはそのまま、塩素→発がん性物質のトリハロメタンになり毒性が何十倍にもなります。
ベトナムは癌患者が多いのにも納得です。

私の家には、ホーチミンの飲食店の多くでも採用されている
タブチベトナムが販売する浄水器を付けており、先日中のフィルターを交換しました。

微グロですので食事中の方や苦手な方は気をつけて下さい。
左:新品 右:使用していたもの

大半は鉛やサビだそうです。
2万ドンや3万ドン(100円や150円)の屋台は言わずもがな、
レストランクラスでも大半は水道水・直でしょう。
バインミーやフォー等含むローカルフード全て、この汚染毒水を原料にして作られています。
ローカル食を食べる=寿命を縮めている行為です。

東南アジアは生活費が安いと言いますが、現実は安ければ安いなりの、品質・安全性なのです。
安かろう悪かろうという言葉があります。
癌になってからでは遅いので、自分の身は自分で守る事をおすすめします。

会社誕生日会!

弊社は2014年7月にベトナム事務所を設立し、今年で5年目になります。
誕生日会を開催しました!

至高の天丼をベトナムで喰らう

住めば都と言って、途上国に住むには取捨選択が必要です。
ベトナム来たては便座がびっちょびちょで世紀末やな~思って白髪が増えていましたが
5年経った今は、ほぼ100%ある備え付け手動シャワーで便座流して、普通に座れてしまっています。

途上国に住むにあたり必要な心得は「気持ち悪い・汚い要素体に取り込むか/取り込まないか」を判断基準にすると精神的に楽になります。
シャワーで流したべちょべちょ便座に座っても、体に取り込むわけではないので自分はOKです。慣れって怖いですね!
(※ただし清潔感の無い店の、水道水ダイレクト・ローカル食は確実に体を壊すので注意 鉛重金属と塩素は煮沸で取り除かれません)

途上国に住むデメリット、メリットそれぞれ数多くありますが
メリットの1つとして、同額を出した場合に日本と比較するとグレードが高い食事が(店をしっかり選ぶ必要がありますが)できます。
ベトナム・ホーチミン、日本人街として有名なレタントンの奥(ヘム)は、レストラン超激戦区です。2~3ヶ月で店入れ替わるので歩いていて楽しいです。
そんな激戦区なので、店を選べば当然コスパ高く美味しい物が食べられるわけで。

https://goo.gl/maps/pktDwPwqDdovyAX29
天丼と日本そば くおん

以前、不二楼ホーチミンを紹介しましたが、その系列です。
不二楼は定食メインですが、ここは天丼メインです。

1,000円くらいで、高級割烹で出てくるような品質の天丼が食べられ驚きましたので紹介します。
量もあり、日本の”てんや”大好き人種からすると感動物でしょう。
店を選べば、こういった素敵な食事を日本より安く食べられるのも、ホーチミンの魅力の1つです。


現在急拡大中につき、現地採用の日本人を募集しています。
募集要項はこちら

年平均136日休みです。現地採用というと低賃金・休み少しで奴隷のような使い捨てをする企業が多くありますが
弊社は入社してもらったからには幸せになってもらいたい、人財という考えで事業行っております。

ローカル焼肉屋で新人歓迎会

拡大を続けている関係でこのところ毎月1~2人入社しており、新人歓迎会を開催しました。
ヤギ?肉を中心としたローカル焼肉屋でした。みんなわきあいあいと楽しんでいました。

青い海 強烈な日差し キレイなビーチ

ホーチミン市から車で4時間程にあるビーチに行ってきました。
このくらい離れないとメコン川の影響なのかよくわかりませんが、ザ・泥水状態でお手上げです。

面白いのは、ベトナムの人は水着をほぼ着用しません。年代に関わらず、濡れてもいい服で海水浴を楽しんでいます。

海岸は市街地と違い無線干渉がほぼ無いので、Mavic2の場合4Kmくらいは余裕です。
はるか先の漁船撮影してみたり、楽しめます。