丸亀製麺@ベトナムと中間層・富裕層の拡大について

ベトナム進出して明暗分かれる日系企業の中で、絶好調な店の1つが丸亀製麺です。
味、サービス、作り方日本そのままです。価格も日本そのままですがベトナム中間層にドはまりしています。

ベトナム・ホーチミンは最低時給:75円くらいですがそれは最底辺・学生レベルで
実態は貧富の差が本当に激しいです。能力ある人は日本人の倍は軽く稼いでいます。
ここ数年の中間層の拡大は目を見張るものがあります。

中国人実習生が日本から少なくなったのは経済発展のため都市部では日本に行く経費考えると大差無くなったから。
ベトナムもあと2~3年でそうなります。次はミャンマー、バングラデシュですかね。その後はアフリカ?その後は?
カンボジア・ラオス話題に上がらないのは周辺国に比べて生産性が絶望的に低いからです。

参考:ベトナムの超富裕層人口、今後5年で+31%増、増加率は世界トップクラス
https://goo.gl/sMxrPy

ベトナムの新ランドマーク

ベトナムにどんなイメージを持っていますか?
地方は原住民の集落集まった村みたいな感じですが、中心地は日本並に発展しています。
民度はまだまだですが…
台風・地震という2大天災が無いので、耐震基準気にせず建て放題なのも大きく
再開発で巨大ビル郡がたけのこのように次々と生えてきています。

ベトナムは携帯維持費が安い

日本だと大手3社横並び、本気で安くしようとすると格安SIMですが
様々な制約の元に運用となり白髪増えるだけです。
(通信品質そのままで安くなるのではなく価格相応になるだけなので無意味)

ベトナム最大手Viettel社の場合
15GB 1,000円
8GB 700円
5GB 450円
3GB 250円
YouTube見放題プランなども格安であります。

2018年初頭に4Gサービスがスタートした、どこでも無料で繋げるWiFiがある
という理由で、わざわざ4G契約をしていない人が未だにかなり多く
帯域に余裕があり、通信速度でストレスを感じたことはありません。

4Gで遅れをとった分、5G開始に力を注いでおり
https://www.viet-jo.com/news/economy/181123003506.html
2019年にホーチミンで国内初の試験展開となります。うれしい。

携帯端末に関しても、androidの場合日本国内で購入した場合
キャリアのアプリが入っており気持ちが悪いですがベトナムの場合は入っていません。

まだまだ生活で使用するものに関しては安かろう悪かろう
中国製の下をいく品質のものが目立つ現状ですが
通信に関しては全く問題無いのが嬉しいところです。

肉とチーズの塊を喰らう

ベトナムにもマクドナルドあるんです。2016年くらい初上陸ですけどね。

(ベトナムではLOTTERIAがすごい数あります)
日本と全く同じ味で世界どこでも同じ味提供できる企業努力には頭が下がります。
タッチパネル式でオーダーできます。で、バーガーの中身をカスタマイズできるんです。

MAXパティ&チーズ数量にしてみました。パティはもちろん1.5倍のやつです。

パンがありませんでした。バーガーではなくなってしまった。
チーズと肉の塊を手づかみで食べる状態で、周りの視線が痛かったですが最高の満足度でした。

ベトナムに来られた際は、カスタマイズバーガーをお試し下さい。インスタ映えしますよ。